×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「麻美様の声を聞けぇ!」その1

この企画の経緯など


今回の企画に至った経緯を、ご説明いたします。


<企画の始まり>


実は今回の企画は、いわゆる持ち込み企画に近いものでした。
主催である殯宮nayuyuさんとのmixiでのやりとりにて、この話が持ちがありました。


要旨を申し上げますと…

「私のオリキャラを使った活動としては、 ボイスドラマというものがあります。」

「もし麻美様のイメージボイスをご所望なら、 声を探すお手伝いができますよ。」


殯宮さん曰く、これは

”ネット上で活動しているアマチュアの声優さんに台本をお渡ししてセリフを録っていただき、 それを編集して音声のみのドラマを作る”

というものだそうです。


まさに夢のような話でした。
いくらパカ界では有名(ピークは2005年?)になったオリキャラ・麻美様といえども、
コミティアに頻繁に出るほどのネームバリューはない、マイナーキャラです。
本当にお願いしても、応募者が一人もこない事態になって迷惑をかけるのでは、と不安でした。


が、


「ネット声優は9割型女性です。」
「お姉さま系キャラは人気がありますよー。」


ネットで実際にそういう活動をしている殯宮さんの言葉には説得力がありました。
なるほど、自分一人では実現できそうにもなかった企画だけれども、
殯宮さんの力を借りれば、きっと…!!


こうして、オリキャラ歴・21年目の麻美様に、
イメージボイスを用意(要は喋ってもらう)企画が始まったのでした。

<オーディション>

その後、殯宮nayuyuさんのサイト「殯宮音楽堂」に特設ページを設置していただきました(現在は募集を終えたために削除)
さらに、ネット声優さんを募集する掲示板に告知していただきました。
オーディションのお膳立ては全て殯宮さんが整えてくださいました。


私は、受付窓口である殯宮さんの元に送られる応募者の音声ファイルを審査する役目でした。
(一応、殯宮さんも私感という形で注釈はつけてくれている)


ロクにアニメも見ないような自分に審査なんで出来るんかいな?と思ってました。
正直、応募者のレベルが高すぎるのです。


しかも、応募者の方には文字情報しか提供していません。
特設ページでは麻美様イラストは数枚出してはいますが、肝心のセリフに関しては文字のみです。
セリフはAsami-sama Booksシリーズに掲載された漫画から抜粋しています。
(一応、どんなシチュエーションかは掲載してもらっていますが)

その文字だけで、どうしてここまで演技ができちゃうのかと思ってしまいました。
逆に、これだけの方々に麻美様のイメージボイスに挑んでもらえたことには本当に感謝しきりです。


最終的には、7人の方に御応募いただきました!

<選考に至った経緯>

選考の基準ですが、参加者のレベルが高すぎて非常に迷いました。
そこで考えたのは、声だけ聞いて即座にその場面が浮かぶか、ということで判断してみました。


自分の考えるシーンにマッチするか、ということであります。


だから早口でもダメだし、間が取れていなくてもイマイチ。
これはもう作者である私のインスピレーションにかかっていました。


抜きん出ているものを見出す。


そのために、iTunesで耳にタコができるくらい繰り返し聴き続けました。

<その結果>

1位の方のみ発表するということでしたので、その通りに致しました。
(ヒント:応募者の中には、麻美様ラヴァーズの会員もいました!)


4/22付の麻美様ラヴァーズブログで発表したとおり、


有澤 空 さん


に、決定いたしました!



有澤さんは、広島県ご出身。
M3などでも活動されているネット声優さんです。



主なお仕事履歴(サイトのお仕事履歴より)

 ・【逢魔ヶ刻動物園34話】/蒼井華 役
 ・【CLAMP学園探偵団】/伊集院玲 役
 ・【あまんちゅ!第7話】/真斗先生 役
 ・【ARIA Navigation13:街の宝物】/藍華 役
 ・【黒執事1巻 第2話】/シエル 役



もっと詳しく知りたい方は…

有澤さんのサイト→「Erdbeereへどうぞ!

戻る応募時のサンプルボイス